手が触れる場所のウイルス・菌を減らす
抗ウイルス・除菌・抗菌コーティング

リリーフシールドとは?

ABOUT

抗ウイルス・除菌・抗菌機能付きの
次世代ガラスコーティング

「リリーフシールド」は、抗ウイルス・抗菌・抗菌機能付きのガラスコーティングサービスです。ドアノブ、電気のスイッチ、椅子、テーブルなどをコーティングすることで、手に触れる場所を除菌。ウイルス・菌の増殖を防ぎます。店舗、施設、企業、自宅などで、手洗いといった個人の注意だけでは万全を期すことがむずかしい、手が触れる箇所の接触感染対策として導入いただいています。

さらに、一般的な石油を原料とする合成樹脂系の塗料と異なり、「リリーフシールド」は硅素(シリカ)が主成分。石油系のような水への有害物質の溶け出しや、燃焼時の有毒ガスの発生が少ない安心素材で、高硬化を実現する次世代塗料です。

「リリーフシールド」の効果

EFFECT

1回の施工で10年間効果が持続。
強靭なガラス質塗膜で長寿命化も実現 (※1)

抗ウイルス
抗菌・除菌

表面にウイルスや菌が付着すると、ジェミニ型アンモニウム塩(※2)がエンベロープ幕を破壊。ウイルスを不活性化させます。

防サビ・防汚

サビを防ぎ、汚れを寄せ付けません。

消臭

臭いのもととなる菌が除菌されることで、消臭効果も発揮。公共施設のトイレなどにも導入されています。

  • 1:ガラス質塗膜は強靭で最大10年間程度剥がれないため、長い間効果が継続します。ただし、紫外線に弱いため屋外や紫外線の多い場所等では、5年程度となる可能性があります。
  • 2:「リリーフシールド」は、突発性ウイルスAに対する有効性が、第三者機関による実証実験で証明されました。また、抗ウイルス・抗除菌機能が製品評価技術基盤機構(nite)で実証された第四アンモニウム塩をもとに、安全性、抗菌性機能を高めた第四アンモニウム塩化合物を対策成分としています。

おすすめ施工箇所の一例

PLACE

「リリーフシールド」は、壁などの広いエリアはもちろんですが、ドアノブ、手すり、スイッチなど、手に触れる箇所をピンポイントでコーティング可能。空間全体を施工する必要がないので、安く手軽に導入できます。精密機器への施工もできるためパソコンやタッチパネルの施工などにも活用いただけます。

  • ドアノブ
  • 携帯電話
  • 洗面所
  • エレベーターの操作ボタン
  • 手すり
  • サッシ
  • 下駄箱
  • パソコン
  • タッチパネル
  • キッチン
  • つり革や手すり
  • ショッピングカート
  • 電気のスイッチ
  • トイレ
  • 車のドア、ハンドル
  • スポーツジムの機材

導入事例

CASE STUDY

リリーフシールドは、病院、店舗、飲食店、事務所、福祉施設、老人施設、保育園、学校、スポーツジム、駅、電車・バスの車内をはじめ、さまざまな場所で導入されています。

日本感染症対策協会(JIDMA)認定

「リリーフシールド」は、突発性ウイルスへの有効性が実証された「第四アンモニウム塩」をもとに安全性、抗菌性機能を高めた第四アンモニウム塩化合物を対策成分としています。

一般社団法人日本感染症対策協会は、感染症対策成分として「第四アンモニウム塩」を推奨していることから、「リリーフシールド」についても認定の運びとなりました。